山田洋次ミュージアム

日本を代表するフィルムメーカー・山田洋次

山田洋次(やまだようじ)

映画監督/脚本家
生年月日: 1931年9月13日
出身: 日本/大阪

東京大学法学部卒。54年松竹に助監督として入社。61年『二階の他人』で監督デビュー。69年『男はつらいよ』シリーズ開始。代表作に『家族』(70)、『幸福の黄色いハンカチ』(77)、『息子』(91)、『学校』(93)『たそがれ清兵衛』(02)他、多数。近年の公開作は『おとうと』(10)『東京家族』(13)『小さいおうち』(14)『母と暮せば』(15)『家族はつらいよ』(16)等。2010年、第60回ベルリン国際映画祭において特別功労賞にあたるベルリナーレ・カメラを受賞。 最新作『家族はつらいよ2』(17)の公開を控えている。

山田洋次監督

9つのテーマで"山田洋次もう一つの世界"に出会う

「山田洋次監督の想い」として、半世紀におよび制作してきた作品への想いや
フィルムにこだわる映画づくりなどを通して、作品の新たな魅力、奥深さに触れられます。

施設ご案内
1

エントランス

フィルムメーカー山田洋次"
もう一つの世界"

山田洋次"もう一つの世界"

2

テーマ1

デビュー作から
『男はつらいよ』誕生まで

初期の時代の作品を紹介

3

テーマ2

家族とは

家族の物語から、
幸せとは何かを問いかける

4

シンボルオブジェ
フィルムよさらば

5

テーマ3

立ち止まり、振り返る

過去を舞台に、日本人が大切に
すべきものとは

6

テーマ4

教育とは

学ぶこと、教えることの
素晴らしさを描く。

7

テーマ5

渥美清へのオマージュ

亡くなった渥美清への
オマージュを捧ぐ

8

山田洋次全作品予告編コーナー

9

テーマ6

時代劇三部作

凛とした平侍の生き様を描いた
三作品を紹介

11

テーマ8

名作に挑む

市川崑監督「おとうと」、小津安二郎監督「東京物語」に挑んだ二作品

11

ミュージアムホール

山田洋次監督の映画作りの近況をポスターやスチール写真で紹介。

10

テーマ7

人々の苦難に寄り添って

「身につまされる映画」作りを
信条とする山田監督。
阪神淡路大震災、東日本大震災、二つの大惨事に日本人はどう向き合うべきか。

10

テーマ9

半世紀を越え、
新たな映画づくりへ

監督デビューから半世紀を越えて
新たな映画作りに取り組む
山田監督の近作
「小さいおうち」
「母と暮せば」を紹介。

ご利用案内

利用時間 9:00~17:00(なるべく閉館30分前までにお入りください)
休館日 第3火曜日(ただし第3火曜日が祝日・休日の場合は、直後の平日)
及び12月第3火・水・木曜日も休館 ※年末年始は営業致します
利用料金 【葛飾柴又寅さん記念館との共通券】
一般500円、児童・生徒300円、シルバー・団体400円
お問合せ 葛飾柴又寅さん記念館
TEL:03-3657-3455
Googleマップで見る

取材申込み・その他お問い合わせ
お問い合わせ

Copyright ©2015 Kyoritsu Maintenance.