下町

下町

受け継がれる伝統工芸から、町工場の夢まで。
人情とともに、日本の原風景がここにある。

下町
下町
下町

"古き良き"日本が残る場所

下町という言葉を耳にして、どこか郷愁めいた想いにかられる人も少なくないでしょう。隣近所とのつながりがあり、互いに助け合うことが当たり前。そうした古き良き時代が恋しくなったら、葛飾区に点在する昔ながらの商店街を訪れてみてください。何気ないやりとりに、下町ならではの人情を感じていただけることでしょう。
また小さな工場が軒を連ねる町並みも、下町にある馴染みの光景ではないでしょうか。葛飾区は東京23区内で四番目の工場集積地で、高い技術を誇る多種多様な町工場が集まっています。中でも区内で生産される優れた製品を、葛飾ブランド「葛飾町工場物語」に認定。下町から世界へ、技術立国・日本の誇りをストーリー化して発信しています。

職人達の匠の技にふれる町

葛飾が"モノづくり"の町になったのは、何も最近のことではありません。この町には、江戸時代から多くの職人が暮らしていました。下町の庶民が生活の糧を得るために磨いてきた技が、脈々と受け継がれる中で洗練され、今なお日本が誇る伝統工芸として尊ばれています。伝承されてきた技術の生き証人として、現在も数多の職人が腕を振るう葛飾区には、伝統工芸の作品や技術を紹介する伝統産業館があり、匠の技を身近に感じていただく機会を提供しています。
心ふれあう人情だけではなく、人の営みを支えてきたモノづくりの歴史を体感できる。
下町・葛飾には、日本ならではの魅力が根付いており、その多面性が人をひきつけるのかもしれません。

葛飾区伝統産業館

所在地:東京都葛飾区立石7-3-16  電話:03-5671-8288

日本でも有数の「職人の町」である葛飾。その葛飾の伝統工芸作品や小物を展示販売する場。月に一度、職人が指導する体験教室も盛況だ(要予約)。

テクノプラザかつしか

所在地:東京都葛飾区青戸7-2-1  電話:03-3838-5555

産業の活性化と振興事業をサポートする機関。葛飾区の産業情報の発信地。おもちゃの歴史がわかるトイランドなどがある。

帝釈天参道

所在地:京成柴又駅下車すぐ京成柴又駅から帝釈天までの参道 電話:03-3650-9876(一般社団法人葛飾区観光協会)

柴又駅を下りてすぐ、帝釈天まで続く参道は、今なお、下町情緒あふれる風景が残る場所。戦火を免れた老舗も多く、古い町並みを眺めつつの食べ歩きはこ...

Copyright ©2015 Kyoritsu Maintenance.