堀切菖蒲園

堀切2-19-1
京成線堀切菖蒲園下車徒歩15分
※駐車場がないため、お車でのご来場は
ご遠慮ください。

公園管理事務所
03−3697−5237


堀切菖蒲園
堀切の花菖蒲(ハナショウブ)は江戸名所の一つとして古くから知られており、その景観は安藤広重や歌川豊国らの錦絵の題材にもなりました。
菖蒲園は文化年間(1804〜1817)当地の農民、伊左衛門によって栽培されたのが始まりと伝えられ、花の種類も約2百種6千株に及びます。
江戸時代の有様をしのびながら、数多くの江戸花菖蒲を鑑賞できるのが本園の特色の一つです。花の見頃は、6月中旬で、特に早朝や雨の日にしっとりとぬれた花菖蒲は情緒のあるものです。
また、園内には会食などのできる静観亭もあります。
静観亭ご利用案内>>

 

葛飾菖蒲まつり
毎年6月に開催(水元公園と同時開催)され、期間中の日曜日には、さまざまなイベントが催されます。

ご利用案内
開園時間

午前9時〜午後4時30分

休園日

年末年始
※菖蒲まつり期間中(6月)は開園時間を延長しています。        
料金 入園無料